ローンが残っている時のハナテンでの車査定

ハナテンではローンの残っている車でも売却をすることが可能です。
まず余裕があるのでしたら残債をすべてローン会社に支払ってから車検を自分の名義にして売却をするようにしてください。
それが出来ない場合にはこのような方法があります。
ハナテンで車を売ったときの売却額が残債よりも多い場合に残債を差し引いた額をもらえるのです。つまりは売却額で残債を支払ってしまえるということです。
しかし残債の方が多い場合にはどうすればいいのでしょうか。
ハナテンにはそのためのローンがあります。
基本的には残債のある車を売ることができません。
それはまだ残債が残っているうちは自分の車ではないからです。
しかしハナテンから残債分の支払いができるお金を貸してもらえます。
これにより売却ができるのです。
もちろんそのあとにはハナテンに返済をしなければいけませんが、分割によって返済をすることができます。
残債は売却額によって少し減らすことができますので今までよりも月々の返済が楽になるのです。
ただしこの方法をするためには審査がありますのであまりにも残債が多すぎる場合や収入などに問題のある場合には利用できません。
しかしこのような制度があるお店はそう多くはありません。

Posted in:

破産予備軍に入ってないかチェック

現在、日本では破産予備軍は実に300万に上るといわれています。低所得者だけの話ではなく、割合安定した正社員や公務員も含まれます。

破産原因は、圧倒的に利益配分が、経営側に有利な仕組みが敷かれた社会であるがゆえの手取り不足も該当するのでしょうが、使い方が荒ければ、職業年収は全く関係ないといえます。

どうやら意外にも、日本人特有気質が関わる模様です。

責任を果たす真面目な人柄に加えて、迷惑を掛けたくない気兼ねと、お金管理もできないのがばれた時、恥晒しになったり、きつく責められる恐れが、早期解決の機会を奪い、破滅まで歩を進めてしまうのです。

主婦の場合ですと、夫が家計にノータッチで、完全に任せっきりの家庭が結構ありまして、誰の咎めもなく自由自在にお金が扱えるために、たまたま外出先やネットサーフィン中に衝動的に買いたい物が見つかるとつい手が伸び、ダラダラ使いがちです。

貯金切り崩しを超えて、主婦キャッシングに手を染めてしまうと、漏れなく予備軍仲間入りです。

普段から重大な話題を持ち出せる仲ならまだしも、関係が冷えている、もしくは普段会話する機会がなかったり、相手が取り合ってくれない時、必ず食い違いが生じて後々、どちらかの浪費による大赤字が発覚、責め合いの喧嘩になってしまいます。

どう足掻いても良い将来が期待されない、危ないと少しでも察知したら、もうすぐにでも抱える苦しみを開け放つ考えも時には大切です。それが周りをも助ける事になるからです。

隠している場合は素直に打ち明ける、難しいなら専門家の所に行く、等して一早く破産予備軍から脱する方法を考えます。